CHEMISTRYに加入します

わたくしケミカルの講習を久々に受けたわけです、、

image

大学は理系専攻なのですが

それでもなかなか興味を示すことが出来ない分野。

今まで、スタッフさんたちに

ケミカルやダメージケアって

好き?嫌い?

得意?不得意?

と数知れず聞いたことがあります。

多分、、、

そうすると毎回ネガティブな意見の方が圧倒的に多い。

好きや得意といった

ポジティブな意見は

10人いたら1人か2人ぐらいじゃないでしょうか?

どちらにしろ

必要か不必要がでいうと

全員必要って分かってるんです。

しかし積極的に学びたいかどうかというと

そうでもない。

でもそれだけ皆が積極的に学びたいと思わない分野だからこそ

チャンスがあるよな〜って思いませんんか?

人がやりたがらない所におちてるんですよね。

チャンスって。

尖った(coolな)部分がないと

消費者に選ばれないこの時代。

image

だからこそ

皆が敬遠しがちな分野に

手を出してみるのもいいんじゃないかな!!

ケミカル知識がないと

お客さんの悩みに対して

正確な原因や理由なんて突き止めれないですよ。

咳が止まらない患者がいて

ただただ咳止めを出すだけなら

ドラッグストアで薬を買うのと変わりません。

image

確かに咳が止まればその人は満足でしょうが

その理由や原因の解明と伝達

そして再度ならないような指導や知識の提供

これらがあるお医者さんとないお医者さんだと

どちらを選びますか?

もちろん、そんなの関係ねぇ〜といった

絶対的な信頼関係があれば1番です。

image

ただ信頼関係はこちらの言ったことを

相手がやってみて

本当にそうなった

これの積み重ねですよね?

じゃあ

積み重ねるに足る武器をつくるのも

大切なのではないでしょうか?

その1つにケミカル(知識とプレゼンテーション能力)

なんかもおろしろいな〜って思った次第です、、、

コメントを残す