やり続ける

学んだことを行動に移しましょう!

セミナーなどで当たり前に聞く言葉です。

正直、学んだことを行動に移している人って割と多いと思うんです。

行動のレベルはもちろんマチマチですが💦

問題なのは、行動するかどうかよりも
行動し続けるかどうか!

これだと思うんです。

行動に移す→あれ?何か違う→行動をやめる。

多いパターンですよね!

もしくは自分が飽きるとか、、、

やはり成長のキーは継続。

やり続ける。

これに限ります。

やり続けるということは改善も行います!

まぁ、継続が大切なんて小学生でも習うような事なので重々承知でしょうが。

後はそのきっかけを自分の中でどう作るかですね!

僕にとってはネガティブな感情の方が継続にもってこいです!

こうなりたくないというネガティブなイメージが、欲求を高めます。(まだまだ日々ダメだな〜と思うことばかりですが、、、)

これは人それぞれなので、自分にあった継続の種を見つける。

これ大切ですね^_^

当たり前、、、

24時間テレビをたまたま移動中に視聴。


小児がんのため4歳で亡くなってしまった女の子の話でしたが、久々に泣いてしまいました、、、
 
家族も出演していましたが、心情としては同情して欲しい訳で話はなく、伝えたいことがあるからこその出演のはずです。
 
様々な映像も公開して、撮影も許可して本当にすごいなと。
 
人によってメッセージの受け取りかたに差異はあるでしょうが、
 
少なくとも今の環境にはとても感謝をすることが出来ました。
 
当たり前のように家族と過ごせ
当たり前のように健康に過ごせ
当たり前のように毎日を過ごせている。
当たり前のように
当たり前のように、、、
 
もっと関わる人を大切に出来るよう、あらゆる資源
 
命、時間、勇気、知恵などなどの使い方を考えていかないといけませんね。
 
まだまだ当たり前に溺れて自分に甘いなとも考えさせられます。

改善点万歳

自分のダメなところって自分で薄々気づいてると思います!


もちろん全てではないにしろ、社会で生きてると自分で比較したり、人から比較されたりで否が応でも気づきます!
 
問題はそのダメなところではなく、そのダメなところに気づかないふりをしている事。
 
大体自分がうっすらと感じている自分のダメなところは人も感じてます!
 
仕事は他者評価ですし、そのダメなところと向き合わないと!
 
ちょうど講習を上の人と行って、講習内容についての多くの改善点をいただきました。
 
僕も歳が歳なんでなかなかいってもらえることも少なくなってます笑
 
それだけにテンション上がりました!
 
これ直したらまた成長できるやんって!
 
そういう訳で気分が良いんです。
 
あっ、ちなみに大事なのは言われる事もそうですが、誰に言われるか!
 
これがムチャクチャ大切ですね(^_−)−☆

人に働きかける準備

準備が命。

何度も聞いたことがあるフレーズでしょう!

準備8割といった言葉で例えられたり、実際に仕事で芳しくない結果の時は、如何に準備が大切か僕自身痛感させられます。

そんな準備ですが、個人的には大きく分けて二種類あるかなと!

1つ目は

自分に働きかける準備

これは決まっていることに対して行なっていくもの。

マラソンの大会があれば、そのゴール日に向かって綿密なスケジュールとトレーニングを重ねていくことです。

実際に準備と聞くと、こちらの方がイメージされるのではないかと思うわけです。

実際に自分に働きかける準備は何をするにも成果に大きく関わってきます。

そしてもう1つは

人に働きかける準備です。

より良い成果を出すために人に働きかけ、人を巻き込んでいく準備です。

ある意味、こちらも自分が源なのですが、

自分だけの時間やお金の投資ではないので、一筋縄ではいかない事も多いです。

それだけに、やった方がいいのになと分かってても腰が重くなってしまう事も、、、

前者(自分に働きかける)の準備が出来る人はストイックと言われます。

しかし、後者(人に働きかける)の準備が出来る人の方が仕事では大きな成果を残すのではないかと思うわけです。

僕個人では前者はそこまで苦痛ではないので、如何に今後は後者の準備力を伸ばしていくか?ですね!

人に働きかける準備の質と量とスピード!

変えていきます!

コスパ良いよねを目指さない

先日のブログで
 
高いけどそれ以上の価値がある。
 
こう言われると良いですよねというコメントをいただきました。
 
ホンマに良い言葉です!
 
戦略的にここを目指さないお店もありますが、僕が関わり目指したいのは正にココ!
 
何故なら、これが感動の指標にはなるからと思っているからです。
 
「コスパ」という、巷で当たり前のように使われる言葉。
 
コスパという言葉は高単価店より中〜低単価店に用いられる言葉だと思います。
 
高級店やブランド品でコスパ良いよねとはなりません。
 
例えば、服だとファストファッションによく使われるのがコスパです。
 
一流ブランドの服でコスパ良いよね!という言葉は出てきません。
 
コスパはあくまでも
 
満足の指標で
 
感動の指標(大体が)
 
にはならないのです。
 
言い方は悪いですが、先ほどの例で言うと、ファストファッションで感動はほぼほぼあり得ないでしょう!
 
やはり感動していただくにはしっかりとした対価を頂きつつも価値に納得してもらうのがベスト。
 
どうせやるなら、満足の数より感動の数を増やす。
 
そんな仕事がしたいものです!!