日本

これから先の日本に起こる大きなことは大体が人口にまつわること。

それは人口分布の変化。

そして始まった人口の減少。(歴史上は3回目の減少、しかし今回は今後増える余地なし)

これらによって、どうなっていくのか?

ネガティブな意見やポジティブな意見もあり、大変興味深いです。

合計特殊出生率(確か1.44)の問題。

高齢社会(14%)ではなく、超高齢社会(確か26.6%)。

労働人口の減少。(現在500兆円のGDPはどうなるのか?結構ここが論点となっています。)

この三点は既に決まっていること。

どうしようもない問題です。

先のブログにも書きましたが、学校法人も2割が倒産の恐れがあり、国立大学も地方では立ち行かなる可能性が取りざたされています。

18歳人口の減少、進学率もこれ以上は上がらないと言った2018年問題も重なり、更に激化していくでしょう。

これから先、日本ではここでは書き切れない様々なコトが起こっていきます。

こうした中で、何をしていくのか?何が出来るのか?

常に自問自答していかないといけません。

言葉だけでは人は動かない

最近思うのが、言葉だけでは人は動かないってこと。(当たり前のことですが)

もちろん、誰に言われるか?

これが大切なんですが、その「誰」に至るまでもプロセスがあるわけです。

スマホの普及から情報過多の時代に突入し、良いも悪いも皆知ってることが増えました。

いろいろな人とお話しさせていただきますが、聞きに徹すると本当に皆さん多くのことを知っています。

もちろん一概には言えませんが、知ってることが増えるということは、自身で判定する機会も増えるということ。

それがマイナスに働けば、動かなくていい理由も増えてしまいます。

もともと人は変化や衝突を進んでは好まないので、やらなくていい理由を探しがちなんです。

そこにいろいろな情報が入ってくれば、マイナスに働くことも少なくはないでしょう。

上司は〜って言ってるけど、ネットで見た偉い人は〜って言ってたし、、、
みたいな感じで、、、

そうなると言葉も大切ですが、その人の見える部分(行動)の方がより大切なのかもしれません。

実際にどんな動きをしてどんな背中を見せているのか!!
(もちろんどう見せるのかも大切)

先ずは行動で示せる。

そんな人にならないと!!

つくづく感じる今日この頃、通勤電車の車窓より、、、

どこに対しての問題意識なのか!

異業種の集まりとかで思うけど
良い管理職だなと思う人は本当に問題意識が高い。

やはり常に問題意識を持っている人は強いです。

現状に満足せずに常に高いレベルで上を目指しているからこそ問題意識が生まれるのでしょう。(まぁ、当たり前と言えば当たり前ですが、、、)

成長に問題意識は必要不可欠だと思います。

ただ、その問題意識がどこに向いているのか?

これによってその人の度量が問われるかと。

外ではなく自分に向いてる人。

他責ではなく自責の人。

人を変えようとせずに自分を変えようとする人。

やはり、目指すならこんな人ですよね!

年齢を重ねるごとに経験が増え、出来ることが多くなります。

そうすると、不思議と自分は出来る前提で周りに責任を持っていきそうになります。

実るほど頭を垂れる稲穂かな。

キャリアを重ねるからこそ謙虚に!!

常に自らが源となれるようにしていかないと!!と思う今日この頃です!

明るくなく、元気のない人求む


「明るく元気でやる気のある方求む」

こんな求人が整体院の看板に書いてありました。

明るい
元気
やる気

これらの定義は分かりませんが、

対人応対力が問われる職業なら誰もが欲しがる三拍子です。

実際は明るさ元気が無くても良い人材は沢山いますが、、、

まぁ、どちらにしろハードルが高いので応募するには少し億劫かなと。

限定するのはいいけど、あまり限定しすぎると対象が一気に狭くなる。

ベストを求めすぎると人集めは一気に難しくなります。

ペルソナの設定もベストではなくベターが良いかと。

ベストで皆設定して、結局ビジネスモデルからかけ離れていることが多いのかな〜と感じます。

そう考えると、

明るくなくても元気がなくても
人に喜んで頂きたい方求む。

こんなんでいいんじゃないかなと思う今日この頃。

求人も見せ方変えたらまだまだ取れるかもしれませんね!

髪の疲れ

職業柄なのか、通勤時に女性をガン見してしまいます、、、(あくまでも職業柄という理由です笑)

そこで思うのですが、顔が疲れている女性って意外といるんですよね。

さぁ、今から仕事って状態にも関わらず!

くすんでるというか、覇気がないというか、、、

ただ、それ以上に感じるのが、髪が疲れている女性が本当に多い。

後ろから見ると、髪に元気が無いというか、、、

これは由々しき事態です。

何だったら髪が疲れているから
顔も疲れて見えると言えるのではないかと、、、

それだけで損してる人って多いなと感じます。

ポジティブなエネルギーを感じないっすもん。

見た目を美しく保つことによるエネルギーは凄まじいものです。

ただ、若々しくすればいいって問題でもないです。

年齢に応じた美しさです。

そう、エイジングビューティー。

来店時も非来店時もゲストが自ら前向きエネルギーを発信できるよう

業界に関わる人間として応援していきたいものです。