夫婦喧嘩の基

結婚をしている人は分かってくれると思います。(多分。)

家事がキッカケでパートナーと揉めることって結構ありません笑?

料理、掃除、洗濯に対してお互いの価値観があり

必ず交わらない部分ってあります。

それがキッカケでゴングが鳴るのです。

まぁ、僕は気になってもほとんど言わないので

僕が口を出されて怒るケースばかりですが汗

しかし、こればかりは

完全に解決することはないよなー

と思う反面

お互いが思う理想の状態をすり合わせることで

解決することも多いんじゃないかとも

思うわけです。

単発であれ嫌これ嫌ではなく

しっかりとした考え方ややり方のすり合わせです。

お店でも良くある話で

社長が幹部と折り合いがつかないなんてことは

ある意味これに近いかなと。

そう言った場合、社長は幹部にこうあってほしいといった状態と

幹部が認識している状態が一致していないことが多い。

それが伝え方の問題なのか

捉え方の問題なのかは分かりませんが、、、

理想の状態のすり合わせ。

これをどう一致させるか。

とても大事なことですよね。

 

ランニング語録

最近ランニングを再開しました!

折角なので

今月頭にtotal100キロ走るとSNSに投稿。

不思議なもので

それに合わせて

自分自身が動いていきますね!

ペース的には達成しそうです!

さて、そんな週末ランナー生活。

マイルールを追加しました。

それは、、、

すれ違う人に

「おはようございます」

と挨拶をすることです。

昔ランニング中に挨拶をされて

いいな~と!

それが心の中に

ずっと残っていたんです。

普段やらないことを

やっていこうという好奇心も合わさり

頭に浮かんで即決断!

そして意気揚々と

川沿いのコースをランニング開始です。

ドキドキしながら走っていると

あれ、意外と誰もすれ違わない、、、

まぁ、走ってる6、7時ぐらいって

もともと人とすれ違うこと自体少ないですしね。

出鼻を挫かれながらも走っていると

4キロほどの地点で向こうからランナーが!!

すれ違いざま

おはようございますと挨拶。

向こうも

おはようございますと返してくれました。

うーん、これは気分がいい。

(人によっては急に挨拶されても迷惑かもしれませんが、、、)

その後も何人かと挨拶を交わし

10キロのランが終了。

まぁ、何人かは挨拶出来ずに

すれ違いましたけど汗

ただ感じたことは

朝一でもこの時期は暑く

体力の消耗も激しいです。

普通に走っていると

足がかなり重たくなります。

しかし挨拶するだけで

自然と力が湧き出て

スピードアップしちゃうんですよね。

そう考えると

自分自身を鼓舞することって

ちょっとしたことで出来ちゃうのかもしれません。

今回のように

「挨拶。」

これだけでかなり変わるかも。

挨拶って経験上

マンネリ化しやすいルーティン第一位です、、、

ただ何となくやってるだけってことが多いんです!

それだけに仕事内容を変える前に

挨拶から変えてみる。

出来ましたランニング語録。

「ちょっと挨拶をしっかりしてみて。それだけで急に走り出せるから。」

そんなことを

身をもって体感した

今日この頃です。

ちなみにランニング挨拶、

いつまで続くかは謎のまた謎、、、

 

繋がり方

何でお客様とつながりを持つか?

最近これがすごく重要な気がします。

信頼は積み重ね

失墜は一瞬と言いますが

例えミスをしても

繋がり方次第では

一瞬での失墜は

ない思うんですよね。

しかし

その繋がりが

メニューや商品だと

切れやすいです。

何故なら同じものを

手に入れやすい。

代替えが

すぐにきいてしまうものって

ダメだと

一瞬で許せなくなるんですよね、、、

反対に

人間性や人としての力で

繋がっていると

代替えがききにくい。

そうなると

簡単には切れないし

ちょっとしたことなんて

許せちゃうんですよね。

だからこそ思うのは

メニューや商品にばかり

気をとられるのではなく

人としてどう繋がるのか!

その為に

どれだけ相手の価値観に

心を傾けれるのか?

そんなことが大切に感じる

今日この頃です。

 

えおんの仕組み化

モノも情報も溢れ

普通にやっていると

差別化しづらい、、、

そんな中、やはり

「え?」とか「お!」とか「ん?」

って思わせる仕組みって

大事だなーと思います。

感情を動かせるからこそ

体験が経験になるよな〜と。

例えば僕がエンドユーザーだと

最後に一手間加えられると

「え!」とか「お!」とか「ん!」と

感じることが多いです。

飲食店だと

料理を出すタイミングで

何か調味料をかけたりと

目の前で何かをされる時。

美容室だと

終わってクロスを外して

会計に向かおうとしたタイミングで

また座わらされ細かい調整をされた時。

こんな、ちょっとしたことなんだけど

すごく印象が変わります。

でもそんなちょっとしたことで

想像している未来を

いい意味で裏切られたら

記憶に引っかかるんですよね。

引っかかるからこそ

釣り上げれるなと笑

ちょっとしたことでいいんです。

如何に感情を動かすのか?

感情の引っ掛かりを作る仕組み

大切ですよね〜!

「えおんの仕組み化。」

意識的にするのもアリですよね!

 

念念念念念念

ストレートの時

伸びろ~

と念ずれば伸びる。

トリートメントの時

キレイになれ~

と祈ればキレイになる。

カラーの時

いい色になれ~

と願えばいい色になる。

こんなスピリチュアルな話

意外と聞きます。

しかもこんな話を聞くのは

結構売上あげてる人からなんですよね、、、

因果関係がどこまであるのかなんて

僕には分かりませんし

神頼みの前に

着実に力を身につけることが

大切だとも思います。

しかし、

少なくともこう言った

おまじない?をするのは

お客様にキレイになって欲しいって

気持ちの表れ。

神社に行って

どうでもいい人のことを

よくなれ〜!

なんて願わないですし、、、

お客様を悪くしてやろう

なんて人はいないと思います。

でも反対の

良くしてあげようって

思う気持ちの強さには

人によってバラツキがあります、、、

気持ちと支持率は

正比例といっても過言ではありません。

気持ちを込めた施術出来てますか?

まずは念じてナンボですよ笑