裏方への感謝

あるイベントの準備のため

各社員が仕事を終えて会社に集合!

ちょくちょく準備をやってきて

さらに本日の午前中にも

2時間以上準備を行っていたので

夜は簡単に終わると

タカをくくっていました!

が、

結局、深夜1時までかかる始末、、、

内容は資料の作成

と完全に裏方の仕事なのですが

想像以上に時間がかかりました。

思い返すと

こういった裏方の仕事って

意外と時間をくうんですよね。

ウチの仕事で言うと

伝票の発行

荷物の出庫と梱包

請求書の作成などなど。

これらの仕事も

意外と時間がかかるよな〜って。

そう思うと

手間がかかることを

行ってくれているにも関わらず

自分の中で

やってもらってることが

当たり前になってしまってます。

全く感謝が足りてません。

やってくれている人に対して

ありがたみがないので

やってくれている人たちに

結果という形で返そうって意識が

まだまだ弱いのです。

村上、このままではダメダメです。

裏方の仕事や自分ができない仕事を

してくれている人にこそ

感謝の気持ちを持ち

形でありがとうを示す。

一見

表舞台にはなかなか出てこない仕事を

行ってくれている人にこそ

その気持ちを強く持たないと、、、

なーんてことを考えさせられました。

ドリームなキックオフ

本日はドリームキックオフに参加!

ザックリ言うと

昨年四半期に分けて

棚卸しを行い

2017年のテーマを作成する

といったものです!

恐らく参加者は

200~300人ほどいましたが

休日にも関わらず

積極的に参加する人達だけあって

熱量が本当にすごかった!

冷静に考えると

まぁまぁ恥ずかしい(笑)こともしましたが

熱量が凄いと全く気にならない。

むしろ

声を出さない

やらない方が

恥ずかしくなっちゃうんですよね!

まさに目指すべきチームはこれ!

本来はやることが良いことなのに

やったら浮いちゃうよって

空気感がない。

やらない人の方がオカシイ。

こんなチームが良いですよね。

良いことをしていても

人と違うだけで浮いてしまったり

白い目で見られる。

文字に起こすと

何てあり得ないチームなんだ!

って思うけど

意外と多くのチームが

無意識にそっちに

寄ってるような気がします。

しかし

その先に何かがあるんでしょうか?

どう考えても

未来がポジティブに視えない。

じゃあ視えるように

良いことをしている人が

スポットライトを浴びる。

そういった価値観に

変えていくことが大切。

それを行うのがリーダーだし

そんな人間になりたいと思う

今日この頃です!

セミナーの内容は

ここでは書かないので

また機会があれば

会う人には伝えていきます!

ちなみに

そこで決めたこと

2017年は

どんと構えて、「楽勝」が口癖になるような年にします‼︎

あっ、今後表現は多少変わると思いますが悪しからず、、、

何か急に思った事、、、

考えないといけないことは

本当に尽きない。

一年間闘うための項目を

挙げるだけで

挫折しそうになる、、、

そうなってくると

心の何処かに

言い訳が生まれる自分がいる。

そんな時間はないって。

でもそんな自分に思う。

それで自分は

幸せになれるのか?

そして

自分の周りの人たちも

幸せになれるのか?

目を逸らして

先延ばしにするのは簡単。

でも常に追いかけられ

いずれ追いつかれる。

大変なのは当たり前。

そりゃあ自分に

他を圧倒するだけの

「何か」

なんて無いのだから。

じゃあやる事は1つ。

考えるのみ。

最低でも頭に浮かんだ事は

考え切る。

やり切る。

これしか無いですよね、、、

よし、やろう‼︎

サポーターへの感謝は忘れない。

「やってる。」

「してもらってる。」

この2つの感情には

良く悩まされます。

自分の中で「やってる」が大

きくなると大概ダメな時です。

これは前にブログでも書きましたが

通常はやってるの方が

強く残るみたいです。

35倍って知ってました?

っでここから更に考えると

その時の心の状態(余裕)によっても

この2つの感情の

バランスって変わってくるんですよね!

良い時は簡単に

周りに有難うって言えるんです。

周りに感謝できるんです。

でも、反対に

悪い時に感謝できる人って

どれぐらいいるんだろう?
(一歩間違えばいい偏屈ですが笑)

「みんなは頑張ってくれている。足りないのは自分だ。」

「状況は良くないが、みんなのお陰で何とか持ちこたえれている。」

「こんな時でも一生懸命頑張ってくれている皆んなは本当に有難い。」
などなど。

悪い時ほど人のせいにしたがるのが

人間だと思います。

もっと周りに「頑張れ」や「助けろ」とか、、、

もしくは、自分のダメなところにばかり

目を当てすぎて

逆に周りのサポートに目を向けれない。

「自分が悪いんだ」だけで終わるタイプ。

しかしそれではダメですよね。

どんな時でも

助けてくれてる人を

先ずは考える。

これから先

より人に感謝できるようにならないと

人は付いて来ないと思います。

まぁ、相手も感謝されるだけでは

ご飯を食べていけませんが

心に栄養を与えていく意味で

感謝は必要不可欠ですね。

何でブログを書くんだろう?

ふと思いました。

僕は何でブログをしているんだろう?

もちろん集客に繋がれば

越したことはないのですが

考えてみると

そこではないような気がします。

じゃあ

自分の感じていることを伝えたいから?

うーん、それももちろんあります。

なかなか頻繁に自分の感じていることを

得意先に伝えることは

正直出来ません。

毎日会うわけでもないですし、、、

そう考えると、一方通行ですが

ブログとは良いツールだと思います。

しかし、これも書く1番の理由なのかと言われれば

そうではないような気がします。

じゃあ何のために?

もちろんその時の状況によって

書く内容に変化は見られるでしょうが

始めてから

ここ最近までの書く理由の大半は

弱い自分と向き合うため

これが1番しっくりときます。

自分に向けて書いてる部分が

多いのかなと、、、

書いてることが全て出来てるかというと

もちろん出来てなんていません。

むしろ書きながら自分を律する感覚。

自分で言うのも何ですが

僕はなかなかのヘタレです笑

それだけに

弱い自分ときっちりと向き合っていかないと

直ぐに目をそらしてしまうのです。

まだまだ向き合いきれていないのが現状ですが

向き合うキッカケは盛り沢山。

キッカケを創り、モノにできる人。

また1つ目指す人物像が

具体的になったのは

ありがたい限りです。

そして、多くの人と接しますが

まだまだ自分と向き合えていない人が

大半だと思うのです。

そういった人に自分のブログを通じて

向き合えるキッカケになれば、

何かを少しでも感じてもらえれば

それはそれで

嬉しい副産物なのかもしれませんね。