1日体験美容室

唐突ですが、1日美容室で働くことになりました、、、
受付にいるとお客様がご来店。

荷物を預かった後、どうやら新規のお客様だったようで問診票を書いてもらい、シャンプーへ。

お客様がシャンプー台に移動している中、スタッフさんから声をかけられます。

村上さんがシャンプーをするんですよ!って。

えっ、、、

訳がわからないままシャンプー台横に立つ自分。

サイドシャンプーなのですが、椅子の倒し方も分からずうろたえます。

試行錯誤し何とか寝かせることに成功。

これまたよく分からないまま、何となく頭全体を濡らします。

そしてシャンプー剤を散々探したあげくようやく見つけ、いざシャンプースタート!

しかし、、、

どうやってシャンプーをしたら良いかが分からない!

手ってどうやって動かすの?

どうやったらお客さんって気持ち良いの?

しどろもどろになる自分。

変な汗とともに心拍数も上昇。

本当にどうしたら良いんだと真剣に頭を抱えていると、突然このストーリーが終了。

なぜかというと、先ほどまでの話、、、

夢だったんです。

まさかの夢オチ。

そりゃ内容がありえないですもん‼︎

しかし、こんな夢をガチで見たのです。

美容室で働いてて、むちゃくちゃ困る自分っていう、、、

一体どんな精神状態だとこんな夢を見るんだ?と自分を疑いました笑

しかしこの夢を見て1番に強く思ったことは、美容師さんってやっぱりすごいなーってこと。

こういった技術を習得するために何十何百何千時間とレッスンをして身につけていく。

それに加えて人間力、接遇力、マネジメント力、販売力なども身につけるって半端ないです。

そんな多岐に渡って能力を身につけないといけない職業ってなかなか無いですよ。

むちゃくちゃ美容師さんたちは勉強熱心で休みの日も頻繁に勉強しています。

そこまでやるからこそ、お客さんの気持ちを元気に出来たり、時にはそのお客さんの人生を変えてしまうようなことも出来るのでしょう!

本当にすごい職業です。

今回の夢でそんなことを改めて思いました。

じゃあ、そんな最高の職業をサポートする僕たちも負けなぐらい勉強熱心じゃなければ釣り合うわけがない。

美容師さんだけじゃなく僕たちもやり切らないと業界が良くなる訳がない、、、

我々のようなサポートする立場の人間が業界をダメにしていく可能性も十分考えられます。

美容師さんだけではなく、外部の当たり前のように関わる人間も含めての美容業界。

こんなこと言ってる自分もまだまだですが、本当に僕らのような関わっていく人たちがスキルを磨いていかないと!!

今のままじゃ、足を引っ張る行動ばっかりとってるんじゃないかな?

会社の力に頼りきらず、個の力を上げていく必要性!

これは必須ですよね!
そして最後に

先ほどは業界をどうこうって書いたにも関わらず言いますが

実は僕はそこにはあまり興味がありません、、、

ただ、業界全体というよりは、目の前でパートナーとして仕事をしている、自分を応援してくれている得意先は良くしていきたいと本当に思います!

僕のできることなんか知れてます。

でも必然にしろ偶然にしろ縁があった人たちにはプライドを持ってやっていきたい。

まだまだスキルも気持ちも足りない。

けど、せめて向き合ってくれている人たちぐらいはきちんと大切に出来る人間でいたいなと思います。

コメントを残す