継続は血みどろだけど力なり

昨日の新聞ネタでもう1つ!

ウチで発刊している新聞が6年続いている事は昨日のブログにも書きました。

順番で書いていくので、大体月1〜2回書きます。

なので年間でおおよそですが、15回ぐらいでしょうか?書いています。

これが6年となると今まで90回ぐらい一人当たり書いている計算になるのです。

っで話は変わりますが、ウチに中村って女性社員がいます。

中村は会社が立ち上がってすぐに入社したので、新聞も始まった当初からずーっと書いてます。

そして振り返ること6年前!

その中村の新聞に書いていた内容は、、、

何を伝えたいのか全く分かりませんでした(>_<)

一回のチェックでは直らないから何回もチェックしては直すという繰り返し。

今でも本人には言うのですが

昔はホンマにひどかったのです笑

しかし、いつの間にやら文章が劇的に上手くなっていました。

伝えたい事も分かるし、文章自体も面白くなっている。

その上達ぶりには舌を巻きます。

もちろん本人がしっかりと日々勉強し、感性が上がってきた事も要因としてはあるのでしょう。

しかしそれとは別に思ったのは、6年間続けてきたこと。

これも大きな要因なのではないでしょうか?

およそ90回、毎日だと3ヶ月やり続けてるのと一緒です。

そりゃ上手くもなりますよ、、、

継続は力なり

この言葉は裏切らないです。

もちろん、見切りをつける判断力も必要ですが、

個人レベルで言うと見切りを早くにつける人が多すぎる気がします。

1ヶ月続けたからって筋肉質にはならないですよ。

それで意味がなかったって止めるのが分からない。

止めずに3ヶ月続ければ筋肉はつくんです。

体を流れる血液も3ヶ月あれば一新するんです。

やり始めた事を最低でも3ヶ月、先ずは続けてみるべきです。

もちろん新しい習慣を入れる事は大変です。

継続は血みどろなり

こんな言葉も聞いたことがありますし笑

しかし

血みどろになりながらでも続けていく屈強さを持ち合わせないと本当に欲しいものなんて手に入らない。

そんな気がします!

コメントを残す