疲れとモチベーション

しんどいからモチベーションが下がる

のではなく

モチベーションが下がっているからしんどい。

微妙に分かりにくい表現から入ってしまいました。

しかし、これは前々から思っていたことです。

例えば前日仕事が遅かったとします。

睡眠もいつもより取れず

疲れもたまっているでしょう。

そうすると

何故かやる気の泉が

いつもと比べて湧き出てこない。

これに似たような経験を

誰もがしたことがあるはずです。

しかしこれって

前の日が遅くしんどいから

モチベーションが上がらないのでしょうか?

疲れてるから

モチベーションが上がらないのでしょうか?

違いますよね?

それらはただの思い込みであり

楽がしたい自分自身への口実なのです。

だってモチベーションが高い時って

疲れなんて感じる余地もないですし。

じゃあ冒頭に書いたように

しんどいからモチベーションが上がらない

って理屈はそもそもありえないんです。

モチベーションが低いがために

自分や周りに言い訳を作ってるだけなんです。

頑張りたくない自分を正当化したいだけなんです。

だから僕は

しんどいなーって感じてしまう時は

気持ちに落ち込みがあるなーって考えます。

体が疲れてる、しんどい。

事実としてそれもあるでしょうが

先ずは心の問題に目を向けるのが大切。
(もたろん病気とかの人は別ですよ。)

これを理解するだけで

沈んでる自分を発見出来ます。

そうすれば

発見したからこそのセルフコントロール。

これも出来るのではないでしょうか?

 

コメントを残す