会議でDVD

先日の会議で定例の

社員が月替わりでセレクトする映像鑑賞!

今回は夢の扉というテレビ番組で醤油屋さんのお話し。

内容はここでは触れませんが、鑑賞後の感想交換が面白い。

皆それぞれに感じることがあり、共感できることばかり。

あー、分かる分かるといった具合に。

映像鑑賞は価値観の共有を行う1つのやり方としてはかなり有りだと思います。

意外とアナログな方法ですが、オススメですよ。

そして感想交換のラストはウチの社長。

その時に話した内容に度肝を抜かれました。

あっ、そういう考え方あるんや!って。

それまでの皆の正統派な感想から一転、
全くの別角度からぶち抜かれました。
(だからと言って皆の感想もかなりレベルが高かったです。)

言い方を変えると教えられたって感じです。

そりゃインパクトが違います。

ここで前にブログに書いた

共感から教感という言葉を思い出しました。

感想交換も社長までは

あっ、分かる分かるの「共感」

しかし社長に変わった瞬間

えっ、そんなん知らんかった、気づかんかったの「教感」

に変わったのです。

やはりインパクトを残すためには教えて感じてもらう

この必要性は高いような気がします。

その為には、知識を増やすことは勿論、

物事を全く別角度から見る視点

これを磨かなければいけないのでしょう。

コメントを残す